ときつこども園

ごあいさつ

 児童福祉施設は地域の大切な子育ての拠点として、そのニーズに応える必要があります。親の就労の有無に関係なく入園したいという声は年々あがってきており、それに応えたいと考え園舎改築を行ない、教育・保育に相応しい環境を整え、幼保連携型認定こども園への移行を決意しました。

 地域との交流を通して多種多様な活動を設け、より高度な教育・保育が提供できるよう職員のスキルアップを図り、保護者から信頼され、しいては地域から子育ての拠点として、その存在を認められる施設であり続けることが私達に課せられた使命です。外で思い切り遊んで欲しいという願いのもと、園目標に『よく観、よく聞き、よく遊び学ぶ子』を掲げて、 子ども達一人一人と愛情豊かに関わり、子どもの主体的な活動と様々な体験を通して、自己を十分に発揮し、生命の保持が図られ安定した情緒の下で豊かな心を育んでいって欲しいものです。

 さらに、このときつこども園が親同士の素晴らしい出会いの場となりますように……。

社会福祉法人 慈光福祉会
幼保連携型認定こども園 ときつこども園

園長 福冨泰岳

認定こども園とは

親の就労の有無や就労の形態にかかわらず、就学前の子どもに適切な幼児教育・保育の機会を提供し、その時期にふさわしい成長や発達を促します。

0歳児から5歳児までの一貫した教育・保育の指導計画のもと、幼児ひとり一人にきめ細かく対応していくことを目指します。

子どもを取り巻く環境の変化に応じて、子育てに関する不安・悩み相談への助言・支援を行います。

子育て親子のふれあいの場を提供し、子どもたちの成長の喜びを保護者や地域の人々と共有します。

地域の伝統行事に積極的に参加し、郷土愛に満ちた子どもを育みます。

ひよこちゃん

上へ